ウーマン

価格設定をしっかり行って納得のいく不動産売却をしよう

不動産売却の工夫

集合住宅

適切な査定額

マンションを売る場合には、適正な査定額をつけることと、いかに減額交渉をさせないかということが重要なポイントになります。通常の流れでは、不動産会社に売りたいという気持ちを伝えることで手続きが始まり、まずは、不動産会社による査定を受けることになります。ここで重要なことは、可能な限りセカンドオピニオンを受けるということです。セカンドオピニオンとは、別の人からも査定を受けることを意味しています。もちろん、不動産会社に限らず、最近ではネットで査定を受けるという方法もあります。いずれにしても、不動産会社による査定が正しいかどうかを判断するためにも、第三者からの意見が重要になります。マンションという資産を売るわけですから、適正な査定が必要になります。

減額交渉を抑える

また、減額交渉への対応は不動産会社の能力にもよってきますので、どこの不動産会社に売却を依頼するかも重要なポイントです。マンションを売る場合には、希望通りの金額で売却できることは稀です。買い手側は複数の物件の中から選ぶことになりますが、売り手側はその物件を売りたいわけですから、どうしても買い手優位になります。その場合でも、多少の工夫で減額交渉を抑えることができます。重要なことは適切な対応です。内見に来た場合でも、物件の状況を的確に説明して、どこにも問題がないことを説明しなければなりません。きれいに掃除をしてくことも大切ですし、マンション内の総会の議事録などもそろえておけば完璧です。マンションを売ることが最終目的ですから、商品であるマンションの説明をきちんとすることで、相手の心証もよくなるのです。